「田舎の大世界」シリーズの「ふるさと」が八里河の番組に入って幕を閉じた

リリース日:2018-07-03  ブラウズ回数:747

5月30日の午後、中央テレビのCCTV - 7『田舎大世界』シリーズの「ふるさと」は、風景のような八里河の観光地で幕を閉じた。

県の党委員会副書記は、郡の党委員会常務委員会、県委員会広報部部長の孫歓氏は、県の副県副県長、八里河町の党委員会書記の張ビン、県の副県副会長の李紅、安徽省の政治協商副主席の座として、安徽八里河観光開発有限会社社長の鉄彦ビン、県直関係部門八里河町、八里河観光地の主な担当者らが、上千人の大衆と現場に入っていたが、その場を代表する竹簡や、花輪の灯りとフォークの傘、ガンガンなどの製品が中央視に入って全国へ。

県内の各業種から出た優秀な代表は、現場を故郷に起用している。

CCTV―7「田舎大世界」は、中央テレビの唯一の三農向けの大型バラエティ番組である。視聴率は8億以上の視聴率で、「全国の農民に楽をさせ、一方の水を豊かにしてくれる」という趣旨で、地方の総合的な姿が全国に理解され、地方を全国の独特な形にして、全国の視聴者の注目と好評を受けている。

2018年5月から、「田舎の大世界」では、12期のテーマシリーズの「ふるさと」が連続して、「ふるさとの人と事」を相手にして、それに生まれたり、それに生まれたり、それに長じたりしたりする場所の有名人、傑出した人などが故郷に戻ってきた。農業製品の代弁、故郷の美しい美食のために代弁して、故郷の特色の文化に代えて、彼らの心と視点の感情で述べて、バラエティ番組の背後にある故郷の物語を掘り下げている。

収録現場は非常に激しいが、番組の開場では、劇場からの非物質文化遺産が登場し、ベテランタレントや若手俳優が躍起になったダンスとともに今回の番組収録の雰囲気を盛り上げた。三里の司会者の小卒はまた、八里河の観光地の初期の代表たちを紹介し、八里河に対するすばらしい貢献に感謝しています。

収録現場では、司会者の小卒、劉剛、支払い玉龍はテレビ放送局の周海乃とともにユーモラスな情景劇「あわびの交わり」、また、中央視特売ゲストの南衛東特殊楽器の演技、国家非物質文化遺産の載っていたブロッコリー、TUNの公益協会のボランティアなど代表が持ってきたお笑いの小品は、現場はとてもにぎやかでした。王勝、王柱華、王千成の孫の三代の演目の絶命は観客の陣陣の喝采を集めた。外国人は外で創業した優秀な代表の高兵がオリジナル曲「家に帰って、家に帰る」を歌った。これらの番組はいずれも選択を通じて、中央視専門の先生が審査員を務めて、何ラウンドの試合を経てやっと中央視の舞台に上がったのです。

7組の司会者の小卒、劉剛、玉龍を払う

スペシャルゲストの南衛東――特殊楽器のパフォーマンス
国の非物質文化遺産による

王氏の三代目絶命の演技

「家に帰って、家に帰りました」

公益協会のボランティア

歌「君がいるよ」

頂部に戻る