八里河観光地区では、17番目の全国の「安全生産月」の宣伝相談日活動を展開している

リリース日:2018-06-21  ブラウズ回数:874


八里河観光地区では、17番目の全国の「安全生産月」の宣伝相談日活動を展開している

国家安全生産方針を貫徹し、安全生産責任制を実施する。6月16日、八里河観光地は観光客センター広場で17日目の全国の「安全生産月」の宣伝相談日活動を展開している。



 イベントの現場では、八里河の観光地は、諮問台を設立したり、宣伝シートを配布したり、宣伝をしたり、宣伝をしたり、顔に向かって相談を受けたりするなど、観光安全の理念や措置の規範を伝え、水の上、消防、食品衛生などの安全な知識に対して観光客にアピールしています。


     

今回の活動は、“安全な赤い糸の意識を強化し、景勝地の安全な発展を促進する”ことをテーマにして、安全な主体の責任を実行し、安全な生産意識を強化し、法治文化を伝播し、法律法規の知識を普及させます。八里河の観光地はさらに「安全生産月」をきっかけに、観光安全な知識を強く宣伝し、各種の安全生産作業を実施し、観光地のために良好な安全生産環境を創造する。






頂部に戻る