【八里河文化】

戴厚英

リリース日:2017-03-04  ブラウズ回数:924

戴厚英

戴厚英女史は安徽・県で生まれ、位は勤勉の豊かな有名作家、な国内外な名所だ。申し上げる厚英殺害2周年戴厚英生まれの1938年3月、安徽きちんとに県の人がいる。1956年、ユン・ミ华东师范大学に進学した。文革で有名な诗人闻捷と恋をして迫害を受け、後者チョンウィて自殺した。文革後、上海大学人文学部の持ち込んで坊っちゃん、ここに完成した最初の長編小説『詩人の死』(1982年出版)、第2部の小説、『人よ、人が!」(1980年末出版)。

戴厚英はかつてある文壇の論争のある人物は、彼女の大規模な批判は2回:第1回からは『人あ、人!」出版後の1981年、第2次は「清污」運動の1983年。批判が違う于文革新しい环境の中で、かえって作家の创作をさらに関心が集まっている。彼女の「人よ、人!」10回曾重印、総印数劣らぬドラマ百册;しかも翻訳された英国、フランス、ドイツ、ロシア、イタリア、日・韓など多くの言語だ。「詩人の死」も海外に翻訳。これと共に、彼女の知識人の三部作の第3部は『空中の足音』や『涙の淮河』前2:三部作の『思い出忘れ』と『風水交互』などの作品も誕生した。40歳から58歳まで书『詩人の死』殺され、わずか18年の生涯で、彼女は計7編の小説を出版した、二つの短编小说集、二つの散文随筆、後半部に自叙伝、一部の出版の遺稿しなかった。

戴厚英は1996年8月25日、自宅では、彼女の淳子に助けに殺害された。


頂部に戻る